Today is MAX JIU-JITSU ACADEMY & YOGA STUDIO’s 16th Anniversary! ご支援ありがとうございます!マックス柔術アカデミー&ヨガスタジオ16周年記念日です

今日は9月1日。200491日に創立したマックス柔術アカデミー&ヨガスタジオの創立記念日です。

 

untitled

これまでの長い間、Maxとマックス柔術アカデミー&ヨガスタジオを支えて下さった沢山の皆様に感謝の思いを改めてお伝えします。

名前を一人一人上げることは省略しますが、まず最初に会員・メンバーとして道場を直接支えてくれているMAXJJ会員の皆さん、クラスを定期的に利用してくれている皆さん、そしてこれまで道場、スタジオを利用してくれた皆さん。

本当にありがとうございます。

 

私に今の毎日の生きる道を伝えてくれた柔術の2人の師匠、ホイスグレイシーとカイケ、パワーヨガの師匠ブライアンケスト。あなたたちがいなければ、文字通り今、今日の自分はいなかった。

現在唯一のマックス柔術アカデミー&ヨガスタジオのアソシエーションとして茨城県つくば市にて道場を構えているハネイシ代表と彼を支えてくれるご家族。昨年のヒクソングレイシー杯セルフディフェンス世界選手権での優勝で、ようやく一つの花を咲かせることが出来たと思います。

 

私が一人前に育つまで沢山の愛と安全な生活と経験を与えてくれた、父、母、兄、姉。

大学まで出させてもらったにもかかわらず、その後就職し海外駐在に行くまで広がったサラリーマン経験を投げうって、コネもない、前例もないこんな不安定な道場稼業に進むことを暖かく応援してくれてありがとう。

 

今、私の毎日を、私と同じ視点で一番そばで歩んでくれているマサト。昨年の夏から道場運営の共同経営者となり、建前は置いといて、日々の掃除、戸締り、洗濯まですべて飲み込んで、40代後半残りそんなに長くはないかもしれないけど今後の人生をこれまで好きでやってきたことにかけてみようと飛び込んでくれた人間です。飛び込んだらいきなりこんなことになってしまって、どうしようもないけど、今を生き抜けられたならばこの先未来は開ける!

 

そしてもう一人、毎日生活を共にし、小さい子供たち(だんだん大きくなって手に余るようになってきてるけど)の世話をほとんど見てくれて、しかも結婚する前から今でもなお家庭より道場を中心に動いてしまいがちな自分をいろんな角度から支えてくれている妻。

また私が生きるための理由となる大事な3人の子供たち。だんだん生意気になって来たけど、どんな困難が訪れようといつまでも一番大事な存在。どうもありがとう。

 

 

毎年この日を迎えると、様々な思い出がよみがえります。開設当時35歳、今51歳。いろいろなことが変わり、いろいろなことが残りました。なくなったこともたくさん。精神的にも肉体的にも、いくらでもごまかしがきいた初めの10年余り。そして50歳という年齢を超えたころからかな?さあこの先、どうやって頑張っていこうか、と思うようになりました。がんばっても手に負えないことがたくさん増えてきました。だから、自分の出来ることを一生懸命やる、というシンプルなモットーが生まれました。

 

しかし今年は、思い出に浸るよりもまず、コロナ危機の影響で変容した毎日の出来事を受け入れ、どうしのぐかで精一杯で、華やいだ晴れやかな気持ちになれたかというと疑問です。

それでも、今日も明日もこのマックス柔術アカデミー&ヨガスタジオを守る為に、出来る限りのことをやり続けていこうと、覚悟を持って重ねています。

 

いずれにしても、迎えることが出来た16回目の本日91日。

創立当初、柔術とヨガを地元、墨田区で浸透させること、すなわち柔術とヨガという道場での経験を通じ、利用した誰もが気持ちよい生き方が出来る発見を出来る場所を提供したい、というわりと小さな目標を掲げ、日々のクラスを運営しながら沢山の人たちとのつながりを頂いて、ここまでたどり着いています。

 

 

 

当初からのもう一つの目標は、自分の師匠のホイスグレイシーの、師匠であり実の父親のエリオグレイシーを理想とし、エリオのように亡くなる直前まで元気に生きて、柔術やヨガと共に生きられる生き方をすること。それを自分が実践し、道しるべにできるように続けること。

どちらも数字でのゴールは見立てておらず、たぶん実感としてもいまだ全く到着出来る気がしないけれども、特に後者は自分が生を終えたあとにわかることなのかもしれないと思っています。

 

 

今年の2月ごろから始まった新型コロナウイルスによる脅威。

症状がなくても拡散し、症状が出た場合は肺炎が悪化すると死に至る未知のウイルスの脅威は、柔術とYOGA、いずれの行為・練習とも、人との触れ合いがあってこそなので、相いれない大きな障害となってしまいました。

 

 

特に柔術では「攻撃者から身を守る護身術」として、テクニックと身体操作を身に付けるために、肉体と肉体の緊切な接触が在りき。この未知のウイルスの脅威が無くならない限りは、これまで当たり前だった相手と練習すること自体が命を脅かす可能性をもつ行為となってしまう矛盾にとらわれています。

 

 

それでも、日々世界中の叡智・知見は高まり、コロナによる感染脅威に対しても、ある程度打ち負かされず身を守る方策が見つかり、その方策を取り入れるための変化に自分を合わせることが出来れば、以前と同じではないけれども、多くの行為が依然と同様にできるまで回復していると思います。

特にYOGAは、密接・密集・密室といった要素を排除する努力を取る限り、かつてとあまり変わらない練習ができるようにまで来ていると考えています。

 

 

いつかこの脅威はかなり小さくなるでしょう。その日までは、変化に適応し、変化のせいで余計に気になって増える「嫌なこと」を数える代わりに、今できることのありがたさ・自分のためになる「いいこと」を見つけて、自分にとって限られた時間をその「嫌なこと」でなく「いいこと」でいっぱいにしていくようにしていこうと、毎日努力を続けているところです。

 

 

今日の記念日お迎え一つだけお楽しみを考えます。

コロナの脅威が弱まって、人と人の接触が許容される日が来たら、必ず道場でこれまで毎年いっつもやって来たみたいな盛大な楽しいパーティをやりましょう!!
年を越してもいいじゃない。その日が来るまで、皆さん
Stay Safe!

Maxならびにマックス柔術アカデミー&ヨガスタジオを応援いただき、どうもありがとうございました。

また今日からも精いっぱい、皆さんの身体と心のためになる時間を過ごせる場所であるために、この道場・スタジオを運営していきます。

 

マックス柔術アカデミー&ヨガスタジオ

代表 Max Masuzawa

 

 

 

 

English Page Click Hera!
MAX柔術BLOG
MAX柔術モバイル
スポンサー募集!

マックス柔術では現在、チームMAXJJ、ならびに所属選手に対する物的、資金的サポートをご提供いただける企業・個人のスポンサーを大募集中です。
スポンサリング方法は、物品提供、費用援助等あらゆる形態で承ります。
これまでも格闘技のプロ、アマチュアの各種イベントへの出場、テレビ出演や新聞・専門誌等の記事など、多種メディアへの掲載・登場実績がございます。

<お問い合わせ、お申し込み>
TEL:080-3450-9585
メール:info@maxjj.com(担当者 増沢)