臨時休館継続のお知らせ(Temporary Dojo Closure Extended till end of May 2020)

Dear MAXJJ TEAM MEMBERS、

(For English readers, please be acknowledged that this email contains inaccurate English translation by Google translate, just for your quick reference. Revised email will follow later)

政府の緊急事態宣言発令を受けて「新型コロナウイルス拡散防止のための臨時休館措置」を延長する旨の前回のお知らせからひと月、ひとまずの期限とされた5月6日を目前に控えております。昨日、政府は緊急事態宣言を5月末まで延長するとの発表しました。

新型コロナウイルス拡散防止のため、5月一杯は行動抑制や社会的距離を保つ努力をしようという方針に、これまで通り代表Maxならびにマックス柔術アカデミー&ヨガスタジオは賛同します。その理由は臨時休館を判断した時と変わっていません。(下文** ご参照)


2月末の休館開始直後より、道場としてはYoutubeによる代替クラスの開始や、日曜正午のZOOMミーティングにより、決して十分ではないですが、なんとか少しでもメンバーの皆さんとの繋がりを保ち、柔術への愛情を繋げることを目指して参りました。今回の休館期間延長によって、この意図が弱まるのではなく、一層強くしてしていこうと考えております。

道場に来て柔術が実際に出来ないにも関わらず、この2か月間メンバーシップを放棄せず継続してくれた皆さん一人一人、全員に本当に感謝しています。
皆さんのそのお気持ちが、道場を閉じずに継続する経済的、そして精神的な大きな支えになっております。どうもありがとうございました。

・道場復活への道のり(スパーリングを含む従来のままの練習まで)

臨時休館を決定した当時と比較し、ウイルスに関する情報・対応・経験などが日々累積され、社会的認識の土台も変化し、そして私たち全員の行動変容も十分に自覚できるほど変化しています。同時に、行動抑制や自粛により誰もが肉体的・精神的に強いストレスを受けていることは、もはや否定しようがありません。

(**)それでもなおコロナウイルスは無自覚で感染し、死に至るリスクがある未知の病気であることが脅威と認識している点は当初と全く変わりません。しかも汗も飛沫も直に触れ得る距離で、随意で避けることが出来ない「濃厚接触」を多く内包する柔術の練習によって、道場で繋がるMAXJJ全メンバーとそのご家族への、そしてMax自身とその家族への感染を拡散するリスクと、たとえ確率は低いと推測されようとも感染から生じる死亡リスクを生む媒介に道場がなることを受け入れられないため道場を休館しました。

一方で、本日現在国内の感染状況は実効再生産数の減少というデータに現れてきており、長く閉塞的でストレスフルな2か月を経た今、ようやく道場再開へのかすかな光が見えてきました。長かったですが、まだ終わってはいません。

ではMaxが想定する道場再開の判断はどこにあるのでしょうか?このことについては、臨時休館以後始めたZOOMミーティングの際に繰り返しお話しして来た通りです。

それは、以下の1.と2.の二条件が揃った時、かつて道場で行っていたあの練習を100%そのまま再開出来ると考えます。

1.大前提として新型コロナウイルス感染症に限定せず、医療機関にて重篤患者への高度な対応が可能である医療体制維持

+

2.1  コロナウイルスへの治療薬・特効薬の開発・実用化

しかし2.1の条件達成には、開発まで1年単位の時間がかかるとの推測があり、実現タイミングは現在まだ不明です。
このため代替条件として、

2.2  国内での感染爆発が抑制された状態(=コロナウイルス感染の実効再生産数1.0以下)が継続しつつ、抗体を獲得し発症しないと客観的に確認できる会員のみが合意の上で施設の利用を                する(もしお互いにウイルス持っていてうつしたとしてもお互いに発症に至らないという想定。ただし、非感染者への感染リスクは残るため、そのリスクを限定できる人、もしくは高度医療体制が十分整いそのリスクが容認できる社会的コンセンサスが生じること。詳しくは別途)

 

 

1.と2.1の両条件、もしくは 1と2.2の両条件が揃えば、かつて練習していたのと100%同じ形態での練習が再び出来ると考えます。

しかしながら、実際はこれら二条件が揃うまでに、まだ不確実な要素があることも付け加えなければなりません。
2.1は時間が不透明である点、そして2.2は、コロナウイルスが変異する可能性があることです。それは抗体を持っていることが、必ずしも自己・他人への感染を防げないことを意味します。

それでもなお、現に見え始めた感染の縮小傾向に焦点をあわせれば、いわゆる「3密」や「濃厚接触」を避けながら、100%元通りではなくとも段階的に道場での練習を再開出来るのではないかと考えます。

そのために以下のようにざっくり数ステージに分けて、段階的に道場を開放していくことを想定しています。

ステージ1  ソロドリル (ウォーミングアップなど。非接触・飛沫拡散防止策・2m確保)

ステージ2  ダミードリル(ドリルズ&ムーブメンツ。対人だが動かないダミーに相当。反復運動など。顔と顔の接触を避ける。接触・飛沫飛散防止対策)

ステージ3  対人テクニックドリル(対人テクニックドリル。顔と顔の距離が近づかない。接触・飛沫拡散防止策)

ステージ4  スパーリング含むすべての練習

(暫定案)

 

これらの各ステージに関するさらに詳しい説明は、以下の予定で開催するZOOMミーティングにてお話しいたしますので、ぜひご参加ください。

5月6日(水)9pm(日本語)930pm(ENGLISH)

5月8日(金) 9pm(日本語)930pm(ENGLISH)

5月10日(日)12pm(日本語)1230pm(ENGLISH)

の3回開催。

時間丁度から始めますので、遅れないことをお勧めします。

初めての方は、当日でなく前日までに一度 試しにクリックし、必要なアプリ等を準備しておくのがおすすめです。

 

 

 

・臨時休館の暫定的延長(5月一杯)

政府の緊急事態宣言延長を受け、5月一杯臨時休館期間を継続します。
3か月目となりいよいよメンバーの皆さんの我慢も限界となるかもしれません。ただし、上記に記載したような環境が整うか、それに近い安全性が確保できる状況が整えば繰り上げを、あるいは確保できなければ逆に繰り延べをすることなります。

 

 

・休会・退会含む会員種別変更の申請期間を延長(5月12日火まで)

これまで2か月超に及ぶ臨時休館はもちろん、日々のコロナウイルス感染への不安、緊急事態宣言以降の行動自粛により、皆さんの生活環境や習慣、あるいは経済状況は深刻に変化しているかもしれません。このような状況で、不要な精神的・経済的なストレスを一つでも排除することは、健康を維持するために有効かつ必要な選択と考えます。
誰にとっても厳しいこの時期にも関わらず、これまで2か月も精神的にも経済的にも道場を支えて下さって、本当にありがとうございます。
しかしこんな今だから、どうかメンバーシップを停止もしくは休会することに躊躇しないでください。
今日この日まで通常の道場ご利用が停止されているにも関わらず、2カ月間メンバーシップを継続しマックス柔術アカデミー&ヨガスタジオとつながっていてくれたことが、既に十分ありがたいご支援です。何時でも状況が変わって余裕ができたら、楽しかった柔術の練習にまた戻ってくれたらなお嬉しいです。

通常、会員種別変更は前月末までの申請期限のところを、今回も5月12日(火)まで延長します。
また申請方法も、直接の面談に代わり、メール・電話にて承ります。

 

 

・臨時ビデオ視聴会員への変更(5月12日火まで)

臨時休館措置開始以降に設定した「臨時ビデオ視聴会員」は、5月と6月一杯継続提供致します。どうぞご利用ください。

月額7150円(税込)です。

臨時休館開始後も通常の月会費を継続して払い続けて下さる皆さんもたくさんいらっしゃいます。 ただ新型コロナウイルス感染拡大は収束方向に向かっている状況から、おそらく6月のどこかで解除となると思われます。これまで2カ月間を支えてくれて本当にありがとうござます。あとは何とか通り抜けられると思います。どうぞビデオ視聴への変更の旨をご遠慮なくお伝えください。

この臨時ビデオ視聴会員は、Youtubeで配信するファンダメンタルズクラス、ビギナーズクラスの視聴後にコメントを残せば、クラスへの出席として承認します。 かつては通常のクラスにはなかなか参加できなかった方で、この臨時ビデオ視聴会員を活用して出席を積み重ね、道場が再開した際はすぐにストライプを受け取れる、あるいはベルトプロモーションテストを受けられる人が何人もいます。まだこの制度を利用していない皆さん、どうぞどんどん使ってください!
Youtubeの利点は早送りも出来るし、巻き戻してリピートも出来ること。実際に視聴するかどうかは私には見えませんが、こんなに厳しい時に厳しいことをいうつもりはさらさらありません!どうぞ堂々と「見た!」のコメントを残し、クラスへの出席クレジットを増やしてください。
(臨時ビデオ視聴会員区分は、道場での活動が再開となった際には当月末まで継続となります。)

 

 

 

・本メールの最後に

休館という道場にとっても、皆さんにとっても長く厳しい期間が、これからまだ1カ月弱続く見込みですが、少なくとも再開への光明が見えてきていることは間違いありません。
かといって、何となくみんな動き出したからなし崩しでもう良いんじゃないか、という安易な判断で道場を再開することは私には出来ません。
もう少しだけ、今日現在よりもさらに新型コロナウイルスの拡散が抑え込まれる様子が毎日連続して現れるよう、Social distancing , 人と会う機会を減らす行動制限を、もうひと踏ん張りして、この期間を乗り越え、そして道場でまた直接会える日を迎えるのを鮮明にイメージさせて下さい。
本当にMAXJJチームメンバーの皆さん、これまでの2か月+1か月の不自由を、柔術への渇望を生み出している現状、申し訳ありません。

そんな中でも、一人一人全員がMAXJJ TEAMメンバーとして道場を支えてくれることに、もう一度伝えます。

どうもありがとう。皆さんを愛しています!

マックス柔術アカデミー&ヨガスタジオ
代表 Max Masuzawa

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ENGLISH FROM HERE(translation by Google. Revised version will be sent to you later, but if you have any questions, please join ZOOM meeting and ask me directly)

Dear MAXJJ TEAM MEMBERS,

With the government’s announcement of an emergency situation, we will be closing the deadline of May 6th, which is one month from the previous notice that the “temporary closing measures to prevent the spread of the new coronavirus” will be extended.
Yesterday, the government announced that it would extend the emergency declaration until the end of May. To prevent the spread of the new coronavirus, Max and Max Jiu-Jitsu Academy & Yoga Studios continue to support the policy of refraining from activity and maintaining social distance in May. The reason is the same as when the temporary closure was decided. (Lower part **)
Immediately after the opening of the library at the end of February, the Dojo has started an alternative class and a ZOOM meeting at noon on Sunday, which is not enough, but we aim to maintain a connection with all the members. This extension of the museum will not weaken this intention, but will make it stronger.

And I am really grateful to each and every one of you who came to the dojo and could not do jiu-jitsu, but have continued their membership for the past two months. Everyone’s feelings are a great support to continue without closing the dojo. Thank you very much.

・ The way to revive the dojo (until conventional practice including sparring)

Compared to the time when the temporary closure was decided, the basis of social recognition has changed due to the accumulation of information, responses, and experience regarding viruses. And the behavioral changes of all of us are well recognized. At the same time, it cannot be denied that everyone is under severe physical and mental stress due to self-restraint.

Nonetheless, the fact that coronaviruses are unknowingly transmitted as an unknown disease at risk of death does not change.
Moreover, from the distance that sweat and splashes can be directly touched, to the all MAXJJ members and their families who are connected in the dojo by practicing Jiu-Jitsu, which includes many “dense contact” that can not be avoided at will, and Max himself and his family We closed the dojo because we could not accept that the risk of spreading the infection and the risk of death resulting from the infection, even if the probability is low, is not acceptable. (**)

On the other hand, the infection status as of today is appearing in the data that the number of effective reproduction has decreased, and now after a long and obstructive and stressful two months, finally a faint light for the restart of the dojo can be seen. . It’s been a long time, but it’s not over.

So where is Max’s decision to restart the dojo?
I’ve talked about this repeatedly during the ZOOM meeting that started after the temporary closure.

I think that when the following two conditions (1) and (2) are met, I can restart that practice that I used to do in the dojo 100%.
1. Maintaining a medical system that is not limited to new-type coronavirus infectious diseases as a major premise, and is capable of advanced treatment of critically ill patients at medical institutions
+

2.1 Development and commercialization of therapeutic / specific medicine for coronavirus

However, it is speculated that it will take a year to develop the products to achieve the conditions in 2.1, and the timing of their realization is currently unknown. Therefore, as an alternative condition,

――

2.2 While the infection explosion in the country is suppressed (= effective reproduction number of coronavirus infection is 1.0 or less), only members who can objectively confirm that they do not develop antibodies and develop the disease To use
(Even if they have a virus with each other, they will not develop each other. However, since the risk of infection to non-infected persons remains, people who can limit the risk or advanced medical system is well established and the risk is acceptable. There will be a possible social consensus.

If both conditions 1. and 2.1 or conditions 1 and 2.2 are complete, I think that I can re-execute in the same 100% form as I used to practice.

However, in reality, we must add that there are still uncertainties before these two conditions are met.
2.1 is that the time is opaque, and 2.2 is that the coronavirus can mutate. That means that having an antibody does not necessarily prevent infection of yourself and others.

Nonetheless, if it is possible to avoid the so-called “3 dense” and “dense contact” according to the contraction of the infection that is beginning to appear, it may be possible to gradually resume practice in the dojo even if it is not 100% restored. think.

For that purpose, we are thinking about opening the dojo in stages, roughly divided into the following stages.

Stage 1 solo drill (warming up, etc. Non-contact, splash diffusion prevention measures, 2 m secured)

Stage 2 Dummy drill (The opponent is equivalent to a dummy. Repeated movements, etc. Avoid face-to-face contact. Measures to prevent contact and splashes)

Stage 3 interpersonal technique drill (technique drill. Faces do not come close to each other. Measures to prevent contact and splash spread)

Stage 4 All practice including sparring

For a more detailed explanation of each of these stages, we will be talking about it at the ZOOM meeting scheduled for the following schedule, so please join us.

Wednesday, May 6. 9pm (Japanese) 930pm (ENGLISH)
Friday, May 8. 9pm (Japanese) 930pm (ENGLISH)
Sunday, May 10 12pm (Japanese) 1230pm (ENGLISH)
(3 times)

Just click the link below to join!
https://us04web.zoom.us/j/2705949476

It is recommended to click once to prepare the necessary applications, etc. by the day before, not on the day. If you can’t join successfully even after clicking, go to the ZOOM page Meeting ID: 270 594 9476 and password: 12345678
Please enter.

 

・ Temporary extension of temporary closure (1st May)
Due to the extension of the government’s emergency declaration, the temporary closing period will continue for the entire May.
In the third month, patience may reach its limit. However, if the environment as described above is prepared, or if there is a situation where safety close to it can be secured, it will be carried forward, or if it can not be secured, it will be deferred.

 

 

・ Extension of application period for member type change including suspension / cancellation (deadline until May 12th)

It is possible that your living environment, habits, or economic situation may have changed seriously due to daily anxiety about infection with coronavirus, self-restraint after the declaration of an emergency, as well as temporary closure for more than two months. not. In such a situation, we believe that eliminating even one stress factor that raises the need for mental and economic benefits is an effective and necessary choice for maintaining good health.
Thank you so much for supporting the Dojo for the past two months despite this difficult time for everyone. But now, please don’t hesitate to stop or leave your membership.
I am grateful to you for continuing my membership for two months and being connected to Max Jiu Jitsu Academy & Yoga Studio, even though the regular use of the dojo has been suspended until this day.

Normally, for the change of membership type, the application deadline until the end of the previous month will be extended to Tuesday, May 12 this time as well.

Also, instead of a direct interview, you can apply by email or phone.

 

 

・ Change to the “temporary video viewing membership” (until May 12th)

The “temporary video viewing membership” set after the temporary closure measures will continue to be provided in May and June. Please use it. The monthly fee is 7150 yen (tax included).

Many people continue to pay the regular monthly membership fee even after the temporary closure. However, the spread of the new coronavirus infection is likely to be canceled somewhere in June, as the situation is converging. Thank you so much for supporting us over the past two months. I think I can manage to go through the rest. Please feel free to let us know that you wish to changed to the video viewing.

This temporary video viewing member will be approved to attend the class if you leave a comment after watching the fundamentals class and the beginners class distributed on Youtube. How many people once used to have difficulty attending regular classes and are able to take advantage of this extraordinary video-viewing member to continue attending and receive stripes immediately when the dojo resumes or take a belt promotion test I also have If you haven’t used this system yet, please use it steadily!
The advantage of Youtube is that you can fast-forward and rewind and repeat. I don’t know if I will actually watch it, but I don’t mean to say anything tough at such a tough time! Please leave a comment of “I saw it!” And increase your class attendance credit.
(The temporary video viewing member classification will continue until the end of the current month when activities in the dojo are resumed.)

It’s a long and tough period for both the dojo and everyone, which is closed, but it’s expected to continue for less than a month, but there is no doubt that at least the light of a reopening is emerging.
However, I can’t restart the dojo with the easy judgment that it’s okay because everyone started moving somehow.
A little more than today, so that the spread of the new coronavirus will be suppressed every day continuously, Social distancing, action restrictions that reduce the opportunity to meet people will be further strengthened, overcoming this period, And let me imagine the day when we will meet again in the dojo.
To all the members of the MAXJJ team, I am sorry for the fact that the past two months + one month of inconvenience have created a thirst for Jiu Jitsu.

In the meantime, I would like to reiterate everyone who supports the dojo as MAXJJ TEAM members.

Thank you very much. I love you!

Max Jiu Jitsu Academy & Yoga Studio
Max Masuzawa

Address:〒130-0012 東京都墨田区太平2-7-4 第一寺田ビル1階

Phone:080-3450-9585
www.maxjj.com

English Page Click Hera!
MAX柔術BLOG
MAX柔術モバイル
スポンサー募集!

マックス柔術では現在、チームMAXJJ、ならびに所属選手に対する物的、資金的サポートをご提供いただける企業・個人のスポンサーを大募集中です。
スポンサリング方法は、物品提供、費用援助等あらゆる形態で承ります。
これまでも格闘技のプロ、アマチュアの各種イベントへの出場、テレビ出演や新聞・専門誌等の記事など、多種メディアへの掲載・登場実績がございます。

<お問い合わせ、お申し込み>
TEL:080-3450-9585
メール:info@maxjj.com(担当者 増沢)