ヘイメーカーパンチ

水曜日キッズクラス。

テクニックは、怒った相手が大ぶりのパンチをしてきた時の対処。

パンチをブロック→クリンチ→テイクダウン→マウントポジション。

何が起きるかわからない世の中、幼稚園や小学校の友達が突然怒って殴りかかってくるかもしれません。

備えあれば憂いなし。

マウントした後は、ぼこぼこにするのではなく、先生や周りの大人に助けを求めましょう。

 

20160309_174603ジュニアクラスには、再びKAORUさんも参加してくださいました。

テクニックは、バックエスケープ。

基本的なことは同じですが、状況、相手のアタックによって方法を使い分けなければいけません。

バックを取られても、冷静にいられることが重要ですね。

その為に必要なことのひとつは慣れだと思います。

ということで、バックコントロールからのポジションスパー。

KAORUさん、小学生に結構やられていましたね~。

柔術小学生はただものではないことが再確認できました。

小学生たちにとってもいい練習になったと思います。

 

 

 

posted by Haneicie

English Page Click Hera!
MAX柔術BLOG
MAX柔術モバイル
スポンサー募集!

マックス柔術では現在、チームMAXJJ、ならびに所属選手に対する物的、資金的サポートをご提供いただける企業・個人のスポンサーを大募集中です。
スポンサリング方法は、物品提供、費用援助等あらゆる形態で承ります。
これまでも格闘技のプロ、アマチュアの各種イベントへの出場、テレビ出演や新聞・専門誌等の記事など、多種メディアへの掲載・登場実績がございます。

<お問い合わせ、お申し込み>
TEL:080-3450-9585
メール:info@maxjj.com(担当者 増沢)