政府による臨時の全国学校休校要請を考慮し、2週間の臨時閉館とさせていただきます。Temporally closure for 2 weeks from today

昨晩の政府による全国学校の臨時休校要請を考慮し、一昨日の「来館非推奨勧告期間」のお知らせを変更し、本日より2週間の休館期間を取らせていただきます。
メンバーの皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、日本のみならず世界中で発生しているまさにパンデミックという未曽有の事態を、乗り越えるためにも私的な団体であるマックス柔術アカデミー&ヨガスタジオも可能な限りの対策と判断します。メンバーの皆様にはこの期間に関し代替クラスをご提供します。

 

Dear MAXJJ team members, (English translation below)

 

一昨日、コロナウイルスの急速な拡散状況に対し、自覚症状無しでも感染する点と、市中感染により累乗的増加の真っただ中であることを鑑み、マックス柔術アカデミー&ヨガスタジオとして

「来館非推奨勧告期間」のお知らせをいたしました。

 

このお知らせに前後し、

という2つの重要な状況が発生しました。

 

これらを鑑み、マックス柔術アカデミー&ヨガスタジオとしては、道場への来館をお勧めしない「来館非推奨勧告期間」よりもさらに高い警戒が必要と判断し、本日より「コロナウイルス拡散防止を鑑みての臨時休館期間」とさせて頂きす。(キッズクラスについても原則同じく臨時休館としますが詳細は別途お知らせします)

 

まずは臨時休館期間は本日より2週間とし、それ以降については改めて状況に応じ検討することとします。

この期間、来館が制限されるため、メンバーの皆さまには大変なご迷惑をかけますが、一時的な対策として以下を実施します。

 

1.道場は開館し(時間制限付き)濃厚接触とならない方法での来館を許容します(マスク着用。対人ドリル、スパーリングは出来ません。また人数の制限を設ける可能性があります)

2.カレンダーに予定されたクラス内容をMAXJJメンバーに動画配信。閲覧した場合はクラス出席とみなす(YouTube、Facebook MAXJJ TEAMページ等を想定)

 

( 1. 2.の実施にあたり具体的な手順等は追ってお知らせします。)

昨晩(2020年2月27日)6時半ごろに発表された公立学校の臨時閉鎖に関する政府の要請は、もともと感染の累乗的拡大段階に入ったことを極度に警戒していたMaxの判断をさらに高めさせました。
しかしながら、昨日は事実上「来館非推奨勧告」の段階であり、朝と夜のクラスには実際に何名かのメンバーが来館しました。

そのほとんどは勤務等で夕方の政府による休校要請を認識していない状態であったと思われたため、夕方の政府の発表を考慮したMaxの新たな判断を一人一人に説明し、前日の「来館非推奨勧告」をさらに高めた臨時休館に変更する意図を伝えました。

昨晩来館した全員、一昨日以前と変わらず外見上は極めて健康な状態であり、練習への意欲も高く、またこのような社会的に不安且つ閉塞的な状況において柔術で気分を発散させたいという気持ちは、むしろ痛いほど良く分かりました。そこで各自の感染リスクを承知してもらった上で、クラスは開催しました。もちろん私自身も同じリスクを受け入れての決定です。

 

元気で(外見上)健康な人には、このコロナウイルスの感染は「もし自分が感染したとしても重篤化せず結果オーライだろう」という感触であることは想像が出来ます。実際、私個人がそう考えています。しかしながら、私自身、80半ばの両親と未就学の幼児を家族に持つ人間であります。そしてMAXJJメンバーの多くがMaxと同じく老人や幼児をご家族に抱えています。おそらくこのような環境のメンバーの皆さんは、この決定をある程度ご理解いただけることと思います。

現在のコロナウイルス拡散の問題は、見た目は元気に見えてもウイルス感染者である可能性は測ることが出来ず、そしてその感染者が柔術を通じ複数のパートナーと「濃厚接触」するほどに倍増、否、累乗化して加速することを考えれば、道場として、そして個人としてこの環境を提供することは、ひいては家族に死者を生み出す可能性がある、恐ろしい事態であると考えます。

 

この決定は、前MAXJJメンバーに、ことさら若く元気でやる気に満ちたメンバーの皆さんに対しては特に心苦しい決断です。

しかし、日本の国家としても対策を講じるべき時期である点を考慮しての苦渋の決定であること、何卒ご理解いただだければ幸いです。

 

Given the rapid spread of the coronavirus, Max Jiu-Jitsu Academy & Yoga Studio have announced the “non-Recommended visit period”, based on the fact that it is transmitted without any subjective symptoms and that it is in the midst of an exponential increase due to community-acquired infections,.

 

Before and after this announcement, two important new situation has arisen.

  • Cases of spread of infection at sports clubs in Chiba Prefecture
  • Government requests for temporary closure of public elementary and junior high schools

 

In view of these, the Max Jiu-Jitsu Academy & Yoga Studio decided that it is necessary to have more strict restriction “Temporary closure period “than the “Non-recommended visit advisory period” .

(Kids classes are also temporarily closed, but details will be announced separately.)

 

First of all, the temporary closing period will be two weeks from today, and after that we will consider it again according to the situation.

During this period, your visits will be limited, which definitely cause inconvenience to the members. However, we will implement the followings as a temporary measure.

 

  1. The dojo will be open (with time restrictions) but will only allow you to visit in ways other than close contact (with masks, no interpersonal drills and sparring, and there may be restrictions on the number of people).
  2. Video content of classes scheduled shown on the calendar will be distributed to MAXJJ members. If viewed, it will be regarded as class attendance

 

 

The government’s request for the temporary closure of public schools, issued at about 6.30am last night (February 27, 2020), made me extremely alarmed, so that made me think my previous decision needs to be strictened. However, yesterday was still effectively a “Non-recommended visit advisory period”, some members actually visiting the academy last night.

Most of them seemed to be in a state where they did not recognize the government’s request for school closure in the evening due to their work, etc., so I explained to each one about the announcement of the government’s temporally closure of public schools, made me conclude in to new decision, to changed from temporally non-recommended” to the temporary closure.

Everyone who visited last night was as healthy as they were until yesterday, apparently in           very healthy state, highly motivated to practice, and wanting to escape with Jiu-jitsu in such socially uneasy and obstructive situations. I understood why they come rather painfully. Therefore, the class was held after the participants acknowledged their risks of infections. Of course, my own decision was made with accepting the same risks.

 

For (apparently) a healthy person, you can imagine that the infection with this coronavirus is “even if you were infected, it would not be serious and the result would be all right”.
In fact, I personally think so.           However, I myself have a family of mid-80 parents and preschoolers. So as many of the MAXJJ members. Perhaps members of such an environment will have some understanding of this decision.

 

The current problem of coronavirus spread is that, although you look healthy and fine, the likelihood of being a virus-infected cannot be measured, and it doubles as the infected person has “close contact” with multiple partners through Jiu-jitsu, to be more exact, exponentially accelerating. I considered providing this environment as a dojo is a horrible decision that could eventually result in death for the family.

 

This decision is particularly painful for young, energetic and motivated members.

However, it would be much appreciated if you could understand that it was a difficult decision considering that it was time for the Japanese nation to take measures.

 

Thank you very much for your patience and kind understanding.

 

マックス柔術アカデミー&ヨガスタジオ

代表 Max Masuzawa

2020/2/28

English Page Click Hera!
MAX柔術BLOG
MAX柔術モバイル
スポンサー募集!

マックス柔術では現在、チームMAXJJ、ならびに所属選手に対する物的、資金的サポートをご提供いただける企業・個人のスポンサーを大募集中です。
スポンサリング方法は、物品提供、費用援助等あらゆる形態で承ります。
これまでも格闘技のプロ、アマチュアの各種イベントへの出場、テレビ出演や新聞・専門誌等の記事など、多種メディアへの掲載・登場実績がございます。

<お問い合わせ、お申し込み>
TEL:080-3450-9585
メール:info@maxjj.com(担当者 増沢)